ABISee についての Home Page




歯科医院開業について

悩む男性の画像歯科医を開業したいとお考えの方に朗報です。
現在日本国中に開業されいいる歯科医の数はコンビニの3倍ともいわれていますが、
開業したものの 経営状態が思わしくない・・・そんな医院も多いはずです。
貴方がもし歯科医開業を考え、順調な経営状態を望むのなら先ずhttp://www.dentalkaikei.com/にアクセスすることをお勧めします。

このサイトはこれから歯科医開業を考えている人にピッタリです。
何故ピッタリかって?それは、堅実な方法を選び、そして一緒になって歯科医開業までの工程をクリアしていくサイトです。

開業融資から税理士のことまで適切なアドバイスが受けられます。
歯科医開業への近道ともいえるこのサイトなら任せて安心です。
開業後も安心サポートで成功へ導きます。
歯科医の開業をお考えなら今すぐ安心できるブレーンを得ることです。

全て自分の手でと、お考えの方や確かな情報を元に歯科医開業へ辿りつける人もいますが、
殆どの人は医療技術は持っていても、開業から経営になると素人同然です。

安全と安心をサポートしてくれるブレーンを持つことから始めることをお勧めします。

そして、忘れてはならないのが金銭的なことなのですが、、
言葉にして出さなくても分かるぐらい、歯科医院を開業するとなると多額の費用がかかります。(なんでも起業するときにはつきものです)

○医院の賃貸料金
⇒敷金・礼金、家賃、仲介料(不動産に支払う)

○医院の内外装改装費
⇒歯科医院を開く場合、単に内装だけでなく、専用の配管工事も必要となります。
費用に関してはどのような内装にするかによっても変わってきますが、
最低でも40万円前後はかかってくるでしょう。

○医院内のカルテ代や歯科用のキャビネット等の設置費用
⇒取り付ける数にもよりますが、最低でも400万円以上はかかるといわれています。

○医療機器にかかる費用
⇒レントゲンなど、治療に必要な医療機器に関してはピンきりですが、
被爆量が少ない(従来のレントゲンの10分の1)デジタルレントゲンの場合であれば、
500万円以上かかります。

○消耗品、開院時の宣伝費
⇒これもどれくらいの規模の医院をどれくらい宣伝するかによって変わりますが、
数百万円必要といわれています。

実は他にもまだまだかかる費用があります。

さらに資金だけでなく税務上の処理など、、、
歯科医院を開業するには色々と行うべきことがあります。

ですから歯科医院を開業するにあたっては、
歯科医院開業をサポートしてくれるプロにお願いするのも一つでしょう。









   
   
 
 
 
トップへ戻る   
ABISee についての Home Page Copyright © 2011